鶴見区は人口増加率トップ、港南区は人口減少

f:id:yokohaaman:20170630111100j:plain


つづき


鶴見区・・・横浜市トップの人口増加率ですね。区内を町名別に見てみると、駅から遠い内陸部などでは人口の減っている町も目につきますが、でもまあ増えている町もあるのでトントンくらいでしょうか。明らかに大きく増加しているのは南武線京浜東北線京急線に近いエリアですね。マンションがたくさんできた影響でしょう。300戸クラスのマンションが1つできるだけで1000人近く人口が増えますからね。鶴見駅から品川駅まで20分、東京駅まで30分と都心部へのアクセスは横浜市の中では抜群ですが、昨今はそんな鶴見区の利便性の良さが見直されている気がします。人口増加率は鶴見区が4.6%、次に港北区が4.3%、神奈川区3.4%と続きますが、どこも都心と横浜駅をつなぐ鉄道路線上に位置しているのは興味深いです。


港南区・・・横浜市の南部に位置します。この5年で2.4%の人口減少。7年くらい前から減り始めているようです。港南区といえば、その玄関口に上大岡駅という京急線の大きな駅があります。京急のほかに市営地下鉄も乗り入れてますね。駅周辺には京急百貨店をはじめ、大きな商業施設が立ち並び、買い物や飲食する場所に困らない便利な街というイメージがあります。実際、町名ごとに詳しく見てみると、上大岡駅周辺の最戸、大久保、港南1丁目辺りではマンションができたりして人口が増えているようです。しかしながら、区内その他の町ではやはり全般的に減少しています。


港南区に限らず、高度経済成長期に都心通勤者のベッドタウンとして開発された横浜の郊外住宅地は需要が減退している感じですね。まあそのへんはベッドタウンが形成された経緯を考えれば当たり前なのかもしれません。今は当時とは逆で、人口減少社会へと移り変わりましたし、企業所有地の放出や規制緩和などによってタワマンなどの大規模マンションが大量に供給され、もっと都心に近い場所に住めるようになってきたわけですから。また、一家族の人数が減っていることも一因なのでしょう。私の子供の頃(80年代)は周りを見渡しても2人~3人兄弟が当たり前でしたが、今は1人っ子も珍しくありません。3人家族であれば、それほど広い家は必要としないので、通勤などの利便性を犠牲にしてまで郊外の庭付き一戸建てを買おうというふうにはなりにくい気がします。さらには子供のいない夫婦やそもそも結婚しない人も増えています。1985年には生涯未婚率は男3.89%、女4.32%だったのが、2015年にはなんと男23.37%、女14.06%まで上昇しているそうです。単身者は郊外に庭付き一戸建てを買いませんからね。




つづく

藤沢市、海老名市、大和市も人口増加

f:id:yokohaaman:20170630111100j:plain


つづき


川崎市横浜市以外、神奈川県内で人口の増えている自治体ですが、藤沢市、海老名市ときて、次は大和市ですね。この5年の人口増加率は1.84%と横浜の南や西の行政区に比べてやはり高くなっています。

藤沢市、海老名市と違い、大和市は小児医療費助成では、横浜市と比べてもそれほど有利というわけではないですね。

いつも地図を見ていて思うのですが、大和市って小田急江ノ島線に沿ってとてもコンパクトな形をしています。市内のほとんどのエリアが最寄り駅まで徒歩20分ほど(1.6キロ)でカバーされているのではないでしょうか。坂も少なく平坦な土地が広がっている印象ですね。一般的に駅まで徒歩15分くらいまでが徒歩圏と言われているようですが、私も徒歩15分以上だと住むのはちょっと厳しいかなあという気がしてしまいます。さらに、家から駅までの道のりに坂が多かったりすると、もう無理ですね。。

大和市は駅近、平坦な場所が比較的多いのでそういう部分で住みやすい暮らしやすいと感じる人が多いのかもしれません。物件価格も手頃ですしね。これも今の時代大きなポイントかもしれません。朝の時間帯で大和駅から新宿駅まで小田急線で1時間となんとか通勤可能です。横浜駅までなら相鉄線で25分前後とちょうどいい距離ですね。

今後、世の中がさらに高齢化していくと、駅から遠かったり坂が多かったりするエリアはますます敬遠されていくような気がします。若い人も車を持たずに駅近に住みたいという人が多いようですし。そういう意味では、都心から距離はあるものの、駅に近いエリアが多いコンパクトな大和市には一定の強みがありそうな気がしますね。


あと気になるところでは・・・


川崎市に戻って


麻生区・・・3%超の人口増加。意外と増えてるなあといった印象ですが、小田急多摩線はるひ野駅(新駅だと思っていたらすでに開業から12年・・・)の周辺などで戸建の開発分譲がまだ続いているんですね。その影響もありそうです。さらには来年から小田急線の複々線化で混雑率、所要時間が改善されるとか。


toyokeizai.net


朝のラッシュ時間帯で町田駅から新宿駅まで現行48分が38分に短縮される見込みだそうです。新百合ヶ丘など小田急線の郊外住宅地である麻生区にも恩恵がありそうですね。




つづく

東京23区と川崎市の人口増加が凄い

各自治体のホームページから現在と5年前の人口を拾ってまとめてみました。


f:id:yokohaaman:20170630111100j:plain


東京23区・・・この5年で5%の人口増加、およそ45万人も増えています。川崎市横浜市の20万人規模の行政区2つ分増えたということですね。東京恐るべし。。


川崎市・・・全体で4.5%の人口増加。全区で人口が増えています。特に武蔵小杉の中原区では7%超、幸区、川崎区も6%前後と大きく増加しています。この辺りは元々工場が多かったエリアですが、工場跡地の再開発などでタワマンのような大規模マンションが次から次へと建てられている影響なのでしょうね。


横浜市・・・全体で1%の増加。鶴見区港北区では4%を超える増加、神奈川区、西区が3%前後でそれに続きます。川崎市中原区~川崎区に隣接する鶴見区港北区にも工業地域があり、そうした場所ではやはり撤退した工場跡地に大規模マンションが次々と建てられていて、それが大幅な人口増につながっているのだと思います。一方、横浜市内でも南や西に位置する行政区では人口が減少しています。


現在は東京一極集中または都心回帰の時代などと言われますが、こうして見るとたしかに都心部に近かったり、通勤などに便利なエリアほど人を集めているように感じますね。


しかしながら、県内に目を向けると、横浜市よりも東京都心まで距離がある藤沢市、海老名市では2%を超える高い人口増加率となっていたり・・・?横浜市内の南や西の行政区に比べれば明らかに高いと言えますね。


なぜなんでしょう?理由は色々と考えることができると思いますが・・・


たとえば、藤沢市や海老名市は子供の医療費助成が手厚いことが知られていますね。藤沢市の場合は、子供が病院にかかっても小6まで無料、海老名市にいたっては中3まで無料と東京23区と変わらない手厚さです。一方、横浜市などは子供が1歳以上になると、所得制限がかかってしまいます。


子供の病院代は馬鹿になりませんので、子育て世代にとっては藤沢市や海老名市は、横浜市と比較してそういう部分で魅力的に映るのかもしれません。


あとはなんでしょう。海老名は大きな商業施設があったり、東名高速圏央道が使いやすいのは帰省や旅行を考えると便利だろうなと思います。鉄道も相模線、小田急線、相鉄線があるので、東京都心へは遠いものの(通勤時間帯で海老名―新宿が1時間)、それでも東京、横浜、湘南、相模原と各方面へアクセスできたり。都心勤務でもなんとか通勤できますし、横浜や湘南、県央地域に勤務しているなら、通勤は問題にならないですしね。不動産価格も横浜、川崎に比べて手頃で、子供の医療費も無料となれば、たしかに魅力がある気がします。


藤沢市東海道線があるので海老名よりも都心通勤は便利かもしれません。通勤時間帯で藤沢駅-東京駅が1時間足らずですね。藤沢の場合はなんといっても湘南の海が近いというのが最大の魅力でしょう。海は子供にとって最高の遊び場(大人にとっても?)、子供の医療費無料と合わせて、子育て世代には魅力が大きい気がします。都心通勤にはちょっと厳しいけど、そういう魅力を考えたら許容範囲だよという人も多いのかもしれません。



つづく

30年以内に大地震の確率・・・横浜81%!?

www.asahi.com

 

千葉85%、水戸・横浜81%、さいたま55%、東京47%・・・30年以内に震度6弱以上の地震に見舞われる確率だそうです。

 

これ、ちょっとわかりにくいですが、各都道府県の県庁所在地における市役所の建つ地点の確率なんだそうです。なので、千葉85%というのは、千葉県の県庁所在地である千葉市千葉市役所が建つ地点における確率が85%だということです。

 

たとえば、同じ千葉市内でも内陸部の緑区あすみが丘などは確率が40~50%台まで下がります。

 

こちらのマップで、日本全国知りたい場所の確率を知ることができます。

 

www.j-shis.bosai.go.jp

 

また、マップ上部の表層地盤タブを選択すると、地盤増幅率(地盤の揺れやすさ)の分布を示した地図が表示されます。

 

この地盤増幅率と30年以内に震度6弱以上の確率は、相関性がありそうです。地盤増幅率の数値が高い場所(地盤が揺れやすい場所)では、確率も高いです。

  

私が住んでいる横浜市のとある地点は、地盤増幅率が1.7で、30年以内に震度6弱以上の地震の確率は63%です。

 

 結構高いですね(汗

 

しっかり備えておこう。

 

 

 

武蔵小杉が気になる

今や住みたい街ランキング上位の常連、武蔵小杉。この10年で駅周辺にタワーマンションを林立させ、その風景の変わり具合といったらまさに隔世の感ですね。

 

その武蔵小杉の活躍もあり、川崎市は将来の人口推計を上方修正したそうです。子育て世代が想定以上に増えているんだそうです。

 

www.nikkei.com

 

たしかに武蔵小杉の交通の便は、これでもか、というくらい便利ですよね。しかもタワマンは駅にも近い。そのほとんどが徒歩5分以内なのではないでしょうか。

 

昔と違って、現在は共働きが当たり前の時代となりましたが、共働きで子育てしていると、とてもとても多忙な生活になります。そんな彼らができるだけ通勤の負担を減らしたいと考えるのは当然で、武蔵小杉のタワマンが子育て世代に人気となっている理由はよく分かります。

 

品川10分、東京20分ですからね。

 

一度住んでみたいもんですが、やはりお値段も高いですねー。

 

 

 

田園都市線が気になる

たびたび話題になる田園都市線の混雑ぶりですが、抜本的な解決策はとられておらず、小さな施策を積み重ねて、混雑の緩和を図っていこうというのが東急の考え方のようです。

 

その施策とは、早起きキャンペーン、サテライトシェアオフィス、バスの利用、車両の改善。あとは他力本願だけど、複々線化で来年から色々改善する小田急線へ利用客が流れることに期待しているのだそう。

 

詳しくはこちら。

 

toyokeizai.net

 

そんな東急ですが、一方で、田園都市線の始発駅である中央林間で『ドレッセ中央林間』という857戸(!)もの大規模マンションを近々分譲するようで。

 

混雑緩和をうたいながら、かたやその反対の効果を生み出しそうなことを・・・まあ企業は儲けてなんぼですからね。

 

中央林間から5駅の長津田でも362戸の大規模マンションが分譲中とか。長津田も始発駅で急行停車駅。並べば都心まで座って通勤できるので人気がありそうです。

 

そういえば、中央林間と長津田の間にある南町田でも、東急が再開発していますね。ニコタマに続く新しい暮らしの拠点という位置づけだとか。ここでもマンションができたりして住民が増えるんでしょうか。

 

channel.navitime.co.jp

 

沿線の郊外側に人の集まる華やかなスポットができるのは喜ばしいことですが、沿線の上流で住民が増えると、それより下流に住む人たちは、混雑がさらに増してしまうのが頭の痛いところでしょうね。